2016/10/20 11:05:20 | archives

私は20代30代と絶え間なくパパがいました。
その時その時に出会ったパパを全力で愛して、心の底からプライドを持って愛人を続けていました。

 

私は女性として一番いい時期に愛人契約を続けた理由は二つです。
一つ目は愛人としてのステータスが欲しかったことです。それはお金だけの問題ではありません。
愛人になれる女性はそれなりに外見と内面を持ち合わせている女性でないといけないので、愛人として選ばれる事や、愛される事はまさに、いい女なのです。

 

なので、私は常に愛人という自分の立場にプライドを持っていました。
愛人になるからには普通の女性では出来ない事やしてもらえない事をしてもらうおうと言う気持ちも大きかったです。

 

勿論、愛人として生活するからには一般女性よりハイグレードな生活も出来ましたし、特別な場所に行ける事も数知れずありました。
そんな生活を思う存分楽しんでいた自分もいました。

 

また愛人でいることを貫きとおした理由の二つとしては、確実に奥様より愛されていると事を感じる事が出来ました。
妻の立場になってしまうと、顔を見るたびに、「愛している」とか「きれいだよ」とか「その髪型似合っているね」なんて言われなくなると思います。
しかし愛人でいると違います。会うたび私を褒めてくれて、大切に扱ってくれるのです。
なので精神的にも常に満たせて、100%女性でいられるのです。

 

私はこの二つの理由から愛人であることを選び貫き通しました。
その事は間違っていないと感じています。

 

愛人探しはこちらのサイトで
愛人契約したい?だったらこの3つの掲示板で愛人募集して下さい

2016/10/15 14:23:15 | archives

若い頃は、自分の好きなように生活することができ、とりわけ女性関係においては、とっかえひっかえといった感じでした。だけども、就職し、結婚し、家族ができ・・と、社会の中である程度自分の存在が確立されていくと(一人前になると)若い頃のように、とっかえひっかえという訳にはいきません。それをしてしまうと、家庭が崩壊し、生活基盤が消失し、ひいては人生そのものが台無しになってしまう可能性を秘めているからです。

 

しかしながら、現代社会の中では、愛人という存在が確かにいて、そういった人たちと上手く関係を構築されている男性たちが数多く存在しているようです。実際、私の周りにも愛人を囲っている友人がいて、本当に羨ましい気持ちで一杯です。なんかねえ、(その友人は)愛人ができる前とできた後とでは、まるで人が違うように見受けられます。どう違うかというと、体の内から自信がみなぎっているような印象があるんですよね。今までなら、どちらかというと、控えめな性格だったのに、愛人ができてからというもの、やたら発言力が高まっていますし、任される仕事も多くなっているんです。

 

愛人ができただけで、ここまで精神的な余裕や自信が培われるのであれば、私も愛人を囲ってみようかな、なんちって。だって、愛人のおかげで(自信が培われて)出世し、そして家族の生活がより豊かになるのであれば、それはそれでいい事じゃありませんか。まあ、奥さんは、メチャクチャ微妙な心境に陥るでしょうが・・。うーん、となると、やっぱりバレないように関係を持つのが一番なのかもしれませんね。

2016/10/14 14:50:14 | archives

私は高校を卒業してから、公務員に就きました。圧倒的に男性が多い職場で女性はチヤホヤされるのが当たり前というような感じでした。
勤務先には女性の先輩が何人かいて、次第に仲良くなり、仕事の悩みや恋愛についても話し合う仲になりました。
そんな時に先輩が「実は○○科の○○さんと・・・」と話し始め、話を聞いているうちに、あ、○○さんの愛人なんだと気づきました。
先輩は愛人だときっぱり受け止めていました。というのも、先輩にもまた本命?の彼氏がいたからです。お互いにお互いの奥さん・彼氏では補えない部分を補っているという意見でした。奥さんには、子供作るとか面倒なことは持って帰ってこないでと言われているようで公認された愛人だったそうです。
そして、もう一人、不倫している方がいました。男側からすれば愛人ですね。こちらも最初はお互いに遊び感覚で関係を持っていたそうですが、次第に女の方が男に惚れこみ、略奪愛という形で正式にご結婚されました。
個人的な意見としては、今の世の中、恋愛や不倫、浮気に関する事件が多いと感じます。なので、きちんと見極めた上でお互いにうまくやっていかないと怖いですよね。愛人を作ることで心が満たされ、家庭にプラスになるのなら、私は愛人を作ってもいいと思います。
愛人を作るタイミングは、最近夫婦生活がうまくいってないとか、結婚当初のトキメキがないとかだと思いますが家庭と両立するのは至難の業です。なんだか尊敬してしまいます。

 

私には度胸もないし、現状で満足しているので経験することはない、そう信じたいです。

2016/10/13 17:00:13 | archives

お店で知りあったお客さんの一人から、「愛人になってみない?」と誘われました。私はその時20代前半で、彼は40代でした。見た目は30代に見えましたし、外見が好みだったので、面白そうだから愛人になってみようと思いOKしました。とても軽い気持ちでした。

 

水商売をしていたので、男性慣れしていましたが、さすがに愛人になるのは初めてなので、一体どんなことをすればよいのかわかりません。愛人になるってどうすれば良いのかと彼に聞くと、彼は笑いました。愛人が他にもいる感じで慣れているようでした。彼は月に二回ぐらい会ってくれれば良いと言うんです。お小遣いをくれたり、欲しいものは何でも買ってくれると言うので、愛人になったらメリットがある、楽しそうだなって思いました。

 

愛人生活は恋人同士の関係とは違って、割り切っているなぁと勉強になりました。彼が会いたい時に連絡が来て、高級なお店で食事、欲しいものを買ってもらう、ホテルに行くというシンプルな付き合いです。私は彼に恋心はありませんでした。完全に彼は割り切っているという態度ですし、他に女性がいることも隠したりしません。私と一緒の時に女性と電話をしたりすることもあります。嫉妬なんてしません。

 

もし愛人になって、彼のことを好きになったらどうしようかと不安になったこともありますが、彼が完全に私とはお金の付き合いだという態度でしたので、好きになりませんでした。後で考えるとすごく慣れている人だったなぁと思います。女性に好きになられたら困るのは彼ですからね。